2017.1.16

2017年1月16日
報道関係各位[プレスリリース]

 

親子の絆を深めるきっかけに 親の自分史 『親物語』

茨城の編集プロダクションが企画・編集・発行

有限会社スタジオデン(茨城県日立市)

 

茨城県内のグルメ雑誌や観光情報誌の編集制作を手掛ける編集プロダクションの有限会社スタジオデン(茨城県日立市・田山進一社長)は、子から親へ贈る親の自分史『親物語』を企画。2016年12月より公式ホームページをとおして販売を開始しました。同社の編集プロダクションとしてのスキルを活かし取材対象者の半生を取材。編集・発行を行っていきます。

 

『親物語』は冊子と動画で作る親の自分史。冊子はA4フルカラー・8ページで構成されており、「親の自分史」「写真館」「わたしのモノがたり」などの記事を掲載。親の人生の軌跡を写真と文章で分かりやすくたどります。動画は取材時の様子をまとめた約90秒の取材ダイジェスト動画です。

 

『親物語』は冊子5冊と、取材ダイジェスト動画ほかを収録したDVD-R2枚が標準セットになります。販売価格は標準セットが8万円(税別)。公式ホームページより購入できます。

 

■リリース情報/『親物語』(標準セット)80,000円(税別)

1 親物語(冊子)5冊(A4サイズ・8ページ・フルカラー)
[掲載内容]

・表紙 ・私の自分史 ・写真館 ・わたしのモノがたり ・クロニクル
2 親物語(DVD-R)2枚
[収録内容]

・親物語(動画)90秒の取材ダイジェスト動画
・写真アルバム(10枚程度) ・親物語(冊子のPDF版)
販売開始:2016年12月23日(公式ホームページで販売)
『親物語』公式ホームページ:https://www.oyamonogatari.com
※『親物語』(標準セット)は1と2がセットになっています。
※『親物語』は有限会社スタジオデンの登録商標です。

 

■コメント/田山 進一(有限会社スタジオデン・代表取締役)

親と子の絆が少しでも深まるきっかけになればと考え『親物語』を企画しました。古希のお祝いや誕生日、父の日や母の日などの記念日に、子から親へ贈るギフトとして『親物語』を使ってほしいと考えています。一方、自分自身でお作りになって、ご家族にお配りになるといった使い方もあります。『親物語』を作ることで家族間の会話が生まれます。家族をつなぐコミュニケーションツールとしてご活用いただけるとうれしいです。

 

■運営会社について

有限会社スタジオデン[studio DEN Inc.]
茨城県日立市にある編集プロダクション。書籍や雑誌等の編集制作のほか、ホームページ制作など各種コンテンツ制作を行っています。自社のオリジナル商品として電子書籍、LINEスタンプ等の制作も行っています。詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ http://www.studio-den.com
主な制作実績 ( )内は発行元・敬称略

ラーメンWalker茨城2017(KADOKAWA)、笠間ファン倶楽部通信(笠間観光協会)、ふるさとシリーズ(郷土出版社)、家づくりguide(フジコー)、経営者は知らなきゃ損する中小企業憲章(マイナビ出版、電子書籍)、大洗旅館組合ポータルサイト、もやし部長(LINEスタンプ) ほか多数

 

■本リリースに対するお問い合わせ

有限会社スタジオデン(『親物語』運営会社)
担当:田山 進一(有限会社スタジオデン・代表取締役)
〒316-0014
茨城県日立市東金沢町3-22-7
TEL 0294-35-4433  E-Mail:tayama@ studio-den.com

 
お知らせ   
2017.1.6

新年、明けましておめでとうございます。

スタジオデンは本日から仕事始めです。

こうして新年を迎えることが出来ましたのも、普段お世話になっている皆さまがたのおかげです。本当にありがとうございます。

 

2017年は昨年、創立10周年記念事業としてスタートした『親物語』を、事業の柱のひとつとして育てるべく、全力を尽くして参ります。もちろん、これまで行ってきました書籍や雑誌の編集制作、ホームページなどの各種コンテンツ制作も引き続き行って参ります。

 

今年は勝負の年だと思っております。昨年に引き続き、よろしくお願い致します!

 

『親物語』のホームページはこちらからご覧ください。

親物語A4三つ折りリーフ

 
編集室から